So-net無料ブログ作成
検索選択

スギ花粉 春の花粉症に効果のある薬とは? [花粉症]

 




 

スギ花粉は、1月下旬ころから飛散が始まり、遅いところでは5月

まで続くようです。スギ花粉症の方の7割は、 ヒノキ花粉も

アレルゲンに持つと言われています。そのため長期間、春の花

粉症に悩まされる方が多いのが現状のようです。

 

春の花粉症に効果のある薬とは?

 

 

病院で処方される薬には、症状や時期によっていくつか種類が

あります。初期療法に用いられるのは、

アレグラなどの抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)

 

副作用が少なく続けて使用することが可能な、

眠くなりにくい薬とされています。

 

症状がひどい場合に処方される抗ヒスタミン薬で代表的なものは「ポララミン」。

 

即効性があり、既に出ている症状にも効果があります。

 

ただし、

効果の持続時間が短いこと

鼻水やくしゃみには効果があるが、鼻づまりには効果が無いこと

 

などのデメリットがあり、また、強い眠気を引き起こすので、日常的に車を

運転する方は服用を避ける必要があります。

 

点鼻薬などで症状が改善しない場合に処方される経口ステロイ

ド剤が、「セレスタミン」。抗ヒスタミン薬が配合されています。

 

副腎皮質ホルモンにより炎症を抑え、また、抗ヒスタミン作用

によってアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの放出を抑え

て症状を軽減させます。

 

ステロイド剤のため効き目は強いものの、緑内障や前立腺肥大

の持病を持つ方は、使用が制限されています。病状を悪化させ

るおそれがあるからですが、健康な方でも何らかの副作用があ

るので、ステロイド剤は長期の使用は避けるべきです。

 

 

薬局で買える経口薬(飲み薬)で人気なのが、「アレグラFX」。

抗アレルギー薬で、主に初期に使用されます。アレグラFXは、

従来のものと比べて副作用が少ないとされています。眠くなり

にくい、口が乾きにくいなどのメリットがあります。

 

同じく、「アレジオン10」も抗ヒスタミン薬で抗アレルギー薬

です。眠気などの副作用が少ないとされ、長期に使用可能で初

期にも用いられます。

 

 

病院で処方される薬にしても、薬局で買える経口薬であっても

何らかの副作用がないものはほとんどありません。また、ステ

ロイド剤は特に注意が必要です。そこで、薬ではない、副作用

がないサプリが花粉症にオススメです。

北山村のじゃばら































 

 














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。