So-net無料ブログ作成
検索選択
DHAとEPA ブログトップ

健美ライフ 極上クリル オメガ3(DHA/EPA)とリン脂質 [DHAとEPA]








健美ライフ 極上クリル クリルオイルの主要成分

食事、運動、喫煙、飲酒等の生活習慣が、
健康に大きな影響を及ぼすことは、周知のことと思います。
コンビニやファストフードの食事等を取られる方、
お付き合いが多い方は、飲食の機会も多く、いつか高脂血症や心臓病、
脳卒中になってしまうのではないかと、心配ですよね。

オキアミには良質のオメガ3(DHA/EPA)が含まれれています。
オメガ3には、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少したり、
血液の流れを良くする効果があり、十分に摂ることで動脈硬化
を予防することが可能となるでしょう。





動脈硬化の予防は脳梗塞や心筋梗塞などを防ぐことになります
が、さまざまな生活習慣病も防ぐことにもなるのです。

中高年になると肝臓の機能が落ちて、脂肪肝になりやすくなる
のです。脂肪肝になると動脈硬化がすすむメカニズムが形成さ
れやすくなります。筋肉や内蔵に脂肪が貯まるだけでなく、血
中の余分な脂肪が増えることが動脈硬化につながっています。


脂肪肝や動脈硬化の予防や改善に必要なものは、リン脂質とEP
AやDHAなどです。リン脂質は血中のコレステロールを溶かす働
きがあります。余分な脂質を減らす働きがあり、これを手助け
するのがEPAやDHAだといいます。


リン脂質とEPAやDHAを含むサプリにクリルオイル 極上クリルがあります。

クリルオイルとは?

クリルとはオキアミのことで、
クリルオイルは、南極オキアミから抽出したオイルです。
南極付近などの、野菜がほとんど摂れない肉中心の食生活を送
っている人々の「健康を守るオイル」として重宝されてきました。





オメガ3脂肪酸とは


クリルオイルの栄養成分で、
注目されているのが「脂質」です。
クリルオイルに含まれている脂質は、オメガ3脂肪酸という脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は人が生きていくのに必要な、「必須脂肪酸」です。これは、
体内で生産することができないため、毎日摂取する必要があります。


 ・脳の働きを高める
 ・血液をサラサラにする
 

などのほか、さまざまな「健康維持・増進効果」があります。


そして、このオメガ3脂肪酸の代表格が「DHA」「EPA」です。


  --DHAについて-------------------------------


   DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略称です。
   オメガ3脂肪酸の1つで、まぐろやかつおに多く含まれています。
   ヒトの脳や目の網膜に存在するリン脂質の主要な成分であり、
   脳や神経組織の発育・機能維持に不可欠な成分です。 

  ・神経細胞にダメージを与える活性酸素の消去能力を高め、
   炎症性物質の過剰生産を抑える→アルツハイマー型認知症に効果、記憶障害を改善


  ・ストレス下での精神を安定に導く→ストレスによる敵意性、暴力性、うつ、不眠などの諸
症状がやわらぐ


  ・血中の中性脂肪量、悪玉コレステロールを減少させる→動脈硬化、心臓病の危険を低減

  DHAを摂取することにより、脳の情報伝達がスムーズになるともいわれています。
  また、うつ病や精神の安定に関わる研究も進められています。


  --EPAについて--------------------------------

   EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称。
   オメガ3脂肪酸の1つで、青魚に多く含まれています。



   以下のような働きがあるといわれています。

   ・血液中の悪玉コレステロール生成抑制、中性脂肪減少→動脈硬化や心臓疾患の予防に

   ・インスリン分泌を促進するGLP-1というホルモンを大量に分泌させる→ダイエットに

   ・子宮を収縮させる「プロスタグランジン」という物質の生成を抑える→生理痛、PMSの緩和に

   ・角質細胞を繋ぐ重要な役割→乾燥肌・敏感肌の予防に

   ・炎症物質(ロイコトリエンB4)を抑制する働き→花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギ
ー疾患の予防や改善


    EPAが脚光を浴びるようになったのは、
    グリーンランドのイヌイットの人々を対象に行った疫学調査がきっかけです。
 
    EPAなどのオメガ脂肪酸が動脈硬化を予防すると考えられています。





モンドセレクション金賞受賞!中性脂肪&コレステロールを減らすサプリメント【極上クリル】











モンドセレクション金賞受賞!【極上クリル】

 

中性脂肪&コレステロールが高い方、生活習慣病にぴったりの

サプリメントです。

米国のクリルオイルが遂に日本にも上陸。

 

オメガ3(DHA&EPA)+リン脂質+アスタキサンチンで血液サ

ラサラ!

中でも、オメガ3は、消費者庁の「機能性評価モデル事業」で

血液サラサラ成分 

としての効果がお墨付き。

実験では、クリルオイルを90日摂取した結果、善玉コレステ

ロールが59%アップ、

悪玉コレステロールが39%ダウンと言う結果に。血流改善にも

効果があります。

中性脂肪&コレステロールの他に、関節痛やPMS、生殖機能&

性欲改善にも。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

EPA,DHAが脳梗塞の予防や改善に必要な理由とは リン脂質で [DHAとEPA]


まだまだ働き盛り!遊び盛りな男性に♪










【マカ&クラチャイダム12000】

 

 

 

中性脂肪を減らすのは 中性脂肪を下げる キーはリン脂質


リン脂質はコレステロールや中性脂肪などが気になる方におス
スメです。なかでも大豆リン脂質は複合リン脂質ともいい、コ
レステロールを血中で溶かす力が強いのです。

 リン脂質は肝臓の機能を健康に保っています。肝臓の機能が
低下すると、いろいろな障害が出てきます。まず、脂肪代謝、
リポタンパク代謝の低下、解毒作用の低下が始まります。

脂肪代謝が低下すると体全体に中性脂肪が貯まるので肥満、高
血圧、糖尿病などの下地ができてしまいます。つまり、肝臓機
能の低下と脂肪代謝、リポタンパク代謝の異常は同じ原因から
なのです。

ですから、中高年の健康の第一は、細胞や組織のなかに余分な
脂肪すなわち余分なコレステロールや中性脂肪をためないこと
です。そこで、リン脂質(レシチン)が重要な役割をしています。

リン脂質は脂肪代謝、リポタンパク代謝を正常にするので、肝
臓をきれいにし、血液・血管をきれいにする上で大切なもので
す。リン脂質を常に補給しておくことが、あなたが生活習慣病
から身を守る第一条件ともいえます。


リン脂質の効果の一例には「性欲がない」「インポテンツ」
「勃起不全」の解消にも効果があることです。リン脂質のなか
大豆油が入っていると十二指腸で胆汁酸やリパーゼなどの作
用でスムーズに消化吸収される状態になります。

なので、大豆リン脂質である複合リン脂質をとることがリン脂
質を摂るには効率的です。近年50,60代で亡くなられる方が増
えていて、その原因が脳卒中という事例が多くなっています。


 
 
 
 
脳梗塞の予防に必要なものは 原因を取り除くDHA,EPA


例えば、脳卒中のなかの脳梗塞は血液中のコレステロールのか
たまりや血小板のかたまりで細い脳血管が詰まってしまうこと
ですが、このうちコレステロールなどの脂質のかたまりは、

リン脂質で溶かせます。しかし、血小板のかたまりを溶かすこ
とはリン脂質にはできないのです。その血小板のかたまりを溶
かす働きをもっているのが、

EPAやDHAです。またEPAやDHAには、血栓そのものを作らないよ
うにする゛血栓防止作用゛もあるのです。この重要な働きのた
めにも、

EPAやDHA

は飲用する価値があるでしょう。その他、脳の働きをよくする
ことなどがありますが、それについてはリン脂質の方が数段す
ぐれています。脳血栓の原因となる血小板のかたまりを溶かす
作用の強いEPA,DHAをリン脂質(レシチン)とともに飲用するこ
とが

中高年の方にはもっとも効果的な長寿食品になります。
それに若返りビタミンといわれるビタミンEをとるといいでし
ょうね。


EPAやDHAの効果はたけしの健康エンタメント家庭の医学などで、
放送されました。ご存知のかたも多いかもしれませんが多く含
む食品をあげてみます。

DHAは食品として多く摂れば、それだけ脳のDHAも増えることが
わかっているといいます。


DHAは、まぐろ、かつお、あじ、さば、いわし、ぶりなど背中
が青みがかった魚に多く含まれています。

青魚などDHAを多く含んだ食事もいいですが、苦手な方で


食品でDHA・EPAを摂りたいという方には、αリノレン酸がオス
スメです。

αリノレン酸を多く含む食品として、えごま・亜麻仁(アマ
ニ)・くるみ・チアシードが挙げられます。

ただしαリノレン酸を摂れば、コレステロール量が下がるとい
うようなことはありません。相対的に中性脂肪を減らす、ある
いは下げるにはリン脂質を摂ることです。

EPAやDHAには、血液中の脂質濃度を下げる働きがあることから、
動脈硬化を抑制する作用や血栓症を予防する作用があることは
間違いないでしょうね。
 
 
 
 
 





ユンケルでおなじみの佐藤製薬がお届けする健康食品「美健知箋」

美健知箋に話題のEPA&DHAが新登場!含有量は業界で注目されるほど!

今なら定期初月は特別価格1,000円キャンペーン実施中!



美健知箋EPA&DHA







 

 




DHA・EPAを1日目安量4粒に403mgしっかり配合!初回半額1,080円(税込)【DHA&EPA+サチャインチ】













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康・ダイエットに!DHAサプリメント【きなり】EPAとやせるホルモン [DHAとEPA]


 








1000人以上のモニターに試して頂いて、様々な実感の声を
頂いた究極のDHAサプリメント「きなり」

魚をよく食べると
特に青魚に多く含まれているEPAとDHAという油が脳に良いとい
うことは、さまざまな情報番組で取り上げられているのでご存
知の方も多いのではないでしょうか。




EPA&DHAが認知症予防にも効果があるとされる研究は数多く発
表されています。つまり、EPA&DHAを豊富に含む魚を積極的に
食べれば、物忘れ・認知症予防につながることが期待できると
いうわけです。




日本一物忘れが少ない鹿児島県民の食生活をウォッチングして
みても、やはり魚を食べる習慣が定着していることが窺えます。

釣りをする人の割合を調査したデータによると、鹿児島県は全
国でナンバーワンに輝いており、鹿児島県の釣り人の数は約21
万にものぼります。

この調査データから、鹿児島県の多くの家庭で魚料理が頻繁に
食卓にのぼっていることが推察されます。


物忘れ・認知症予防対策の
番組内では、ごく簡単に脳を活性化させる方法が紹介され
ました。

家庭でも手軽に行える、テレビを使った方法

<脳を活性化させるテレビ鑑賞法>
①メモを取る。

②誰かに話す。

上記が、物忘れ防止のための「テレビ鑑賞法」です。

テレビの情報をただただ受け流すのではなく、気になったこと
を書きとめることで記憶が定着し、漢字を思い出すことにもつ
ながります。手を動かし、脳を使うことで、脳が活性化しと物
忘れ防止につながると考えられます。

また、テレビで得た情報を、自分以外の誰かに話すことも物忘
れ予防には有効です。覚えた情報を元に話す内容を組み立てる
ことから、脳の活性化につながります。



DHAは健康に良いだけではありません。「たけしの健康エン
ターテインメント!みんなの家庭の医学」では、DHAがダイエ
ットに良いという内容が放送されたこともあります。


みんなの家庭の医学
 ~身体を老けさせない秘密 第4弾 やせるホルモンで病の元
凶・肥満を解消SP」
 では

 やせるホルモンが話題に。

 ①やせるホルモンとはインスリン分泌を促進するGLP-1とい
うホルモン
 ②そのGLP-1を大量に分泌させる栄養素は
  魚に含まれるEPAと食物繊維
  
 ③そのEPAを豊富に含んでいる食材がサバ
 

サバの缶詰を大量に摂取してる山形県村山市の皆さんはみんな
やせている

 というという内容でしたが、

 村山市の方々みたいに週2~3回もサバ缶(しかも大きめな缶)を食べ、
 しかも、それを何十年も続けるのは無理ですから、
 わたしはEPAサプリですね。

 そのほかに、
 クルクミン、もずく、こんにゃくなども
 GLP-1分泌を促進するとして大学の研究成果が出てるので、
 サバやサバ缶が嫌いな方は試してみて良い食材です。



小腸を刺激するとやせるホルモンGLP-1の分泌が増える!!

 小田原雅人先生によれば、
 「小腸の下の方(より大腸に近い方)にGLP-1を分泌する細胞が多い、
 ですから、小腸の下の方まで到達するような食べ物がGLP-1の分泌を刺激する」
 とのこと。
小田原先生も小腸を刺激する食べ物は色々ある、と言ってましたが
  

   実は 食物繊維と、EPAでした。


GLP-1はどんな人の身体でも分泌されているホルモン、
 特に食事後
 GLP-1ホルモンの分泌量がぐんと増え、
 様々な効果を発揮する、 のです。

 ただ、
 GLP-1の分泌量には人によって大きな差があり
 ヤセの大食いとか言われてる人は、
 必ずしも美と健康の為に日夜励んでいるとは限らず、
 ただGLP-1ホルモンがたくさん出る体質ってだけかも。

やせるホルモンGLP-1とは

 ①食事をすると分泌されるGLP-1は、満腹中枢を刺激、
  早めに満腹感が出ることで必要以上の食べ過ぎを抑えてくれる。


 ②GLP-1が分泌されると
  胃に入ってきた食べ物が通常よりゆっくり腸に送り出される。
  すると、糖分が腸で緩やかに吸収され、
  結果、血糖値が急に上がらずにすむ。

 ③GLP-1にはすい臓をパワーアップさせる効果があり、
  血糖を上げるインスリンの量が格段に向上する


なので、食後に分泌されるGLP-1の量が人によって違い

 つまり、太っている人はやせるホルモンGLP-1があまり出ず、
 やせている人はやせるホルモンGLP-1が大量に出るということなのです。

DHAサプリメントは DHA,EPAサプリ きなり
さくらの森のDHAサプリ きなりは



┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
血液サラサラ!!中性脂肪に!!高血圧に!!コレステロールに!!

     

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘











 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
DHAとEPA ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。