So-net無料ブログ作成
検索選択
アルギニン ブログトップ

低身長の児にアルギニン ドクター セノビルDr.Senibiruサプリメント [アルギニン]








1万袋突破の身長サプリメントはドクター・セノビル
詳細はこちら



身長の伸びをサポートするのはドクター セノビルのアルギニンか?

成長ホルモンと身長の関係は?

 

 

L-アルギニンを多く含まれている子供用サプリメントは、Dr.Senobiru

だけです。 

 

成長(身長を伸ばす)に必要なものはカルシウムだけではなく、

 

アルギニンというアミノ酸です。 

 

アルギニンは体内でも合成することが出来ますが、

 

成長の早い乳幼児期では、

体内で必要量が合成しきれず、不足しやすいため「必須アミノ酸」と呼ばれています。 

 

 

 

我が子の背が低いの(低身長)は病気なんでしょうか?

 

 

 

低身長とは もしかして

「我が子の身長が同じ年のほかの子供と比べて小さいような気

がする。」そんなとき、親として子供にしてあげられることは

何でしょうか。

 

 

背が低いの(低身長)は病気なんでしょうか?

 

 子供さんの成長は非常に速いものです。同じ学年でも、4月

生まれの子と早生まれの子では標準値でみてもかなり違いがあ

ります。

 

 ですから、身長が本当に低いかどうか、それが深刻なものか

を知るには、同性、同年齢、同月齢の子供の統計的による標準

値と比較する必要があります。 

 

 そこで、子供の身長の統計の総人数で、最も低い方から2

パーセントぐらいの数にあたるお子さんが低身長にあたるとさ

れます。

 

 

 低身長は統計的に定義されるので、体質的なものなど厳密に

は病気とはいえない場合も含まれます。 このうち成長ホルモ

ン分泌不全性低身長症やターナー症候群など治療可能な病気の

子供は低身長児全体の5%程度ということです。 

 

 

残り95%の低身長児は体質的なもので治療法は現在のところ見

つかっていないといいます。

 

 

 

 

低身長の分類

 

ホルモンの病気、成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機

能低下症

 

低身長を伴う症候群、ターナー症候群やプラダー・ウィリー症

候群

骨の病気、軟骨無形成症、軟骨低形成症

慢性腎不全性低身長症

心疾患、腎疾患、代謝疾患、糖尿病や繰り返す気管支喘息など

の慢性病

 

心理的要因、愛情遮断症候群など

 

 

 

 

体質的、SGA性低身長、家族性低身長(親の遺伝による)、特発

性低身長

 

思春期早発症に起因する低身長

 

低身長の症状と経過

 

成長時期とホルモン

 

成長には成長時期があり、その時期に栄養やホルモンの分泌

少なくならないようにする必要があります。

 

 3~4歳までの幼児期には「栄養」、

 

 思春期が始まるまでの前思春期には「成長ホルモン」

 

 思春期には「性ホルモン」が重要な役割を果たします。

 

 

SGA性低身長は、お母さんのお腹にいる時から低身長領域の成

長しかできず、生後も3歳くらいまでに顕著な成長がみられな

いと、

 

 この場合はすぐに成長ホルモンによる低身長治療を開始しま

す。それ以外の生後に身長の伸びが不順で低身長になってしま

う場合は、成長ホルモンの分泌が異常なことが原因かどうか調

べます。 

 

ホルモン分泌に異常のない体質的な低身長児の場合、60%~70%

が最終的には正常な身長になります。 

 

ただし、残りの30%~40%は 思春期が標準的な時期か少し早く

来てしまい低身長のままになってしまうといいます。

 

 

 

思春期早発症には男の子で9歳から11歳、女の子で7歳6ヶ

月から10歳6ヶ月までくらいの時期に体に顕著な変化のサイ

ンがあるといいます。

 

その他にも低身長には甲状腺機能低下症など医師による甲状腺

ホルモンの投与が効果的な場合など様々なケースがあり、効果

的な治療を行うために検査はとても重要ということです。

 

 

低身長と食事で心がけること

 

多くの低身長のこどもさんは幼児期にミルクの飲みが少なかったりします。離乳

食がうまく進まなかったり、少食だったりすることが多いようです。

 

 低身長の子供はその後も少食の傾向が続く場合が多いです。ビタミンやカル

シウムなどのバランスに気を配りながら成長に必要な肉、魚、大豆などタンパク

質の割合が多い食事を心がけます。

 

 

 

 睡眠とは、一日の疲れをとるために必要なものです。児にとっては、疲労回復

だけでなく、体の成長にも影響を与えます。睡眠と身長の関係については。

 

睡眠と身長にはどんな関係がある?

 

「寝る子は育つ」といいますが、実はこれは科学的にも証明さ

れている事実です。

 

身長は、乳幼児期と思春期に大きく伸びます。身長の伸びに重

要な役割を果たすのが、成長ホルモンという物質です。

 

 身長を伸ばすには、子どもの成長期に成長ホルモンの分泌を

促し、骨の成長を促進させることが大切なのです。成長ホルモ

ンには、身長を伸ばすほかに、筋肉を強くしたり、代謝をコン

トロールするなどの働きがあります。

 

成長ホルモンがもっとも盛んに分泌されるのは、睡眠時です。

特に、眠り始めてから2時間までの一番深く眠っているときに、

大量に分泌されます。

 

 ところが、生活習慣の乱れなどによって眠りが浅くなると、

成長ホルモンは分泌されにくくなります。

 

 

 

 

身長を伸ばすのに適した睡眠方法は

 

 身長を伸ばすためにはどのような睡眠をとればよいのか。

 

十分な睡眠

 

最近の子供たちは、習い事やゲームなどによって睡眠時間が短

くなっています。理想的な睡眠時間は、小・中学生で9時間く

らい、高校生で8時間くらいです。睡眠時間が足りないと成長

ホルモンの分泌量が少なくなるため、身長の伸びに影響が出ます。

 

質の高い睡眠

 

睡眠時間だけでなく、睡眠の質も身長の伸びに大きく関係しま

す。成長を妨げないためには、子供が深く眠れるよう、落ち着

いた環境を作ることも大切です。

 

肌に接する布団や枕、シーツなどは心地よい素材のものを選び、

ましょう。また、寝る直前に食べると、消化に悪く、深い眠り

を妨げてしまいます。食事は就寝の2時間前まで

に済ませるようにします。寝る直前の間食もなくしましょう。

 

早寝早起き

 

同じ睡眠時間でも、寝る時間帯で、成長ホルモンの分泌量が変

わってきます。遅く寝るほど成長ホルモンの分泌量は減少する

ので、早寝早起きのリズムを作りましょう。

 

睡眠と子供の身長には、大きな関係があるのです。身長をより

伸ばすためにも、成長ホルモンがしっかり分泌されるよう、睡

眠時間はたっぷりとり、朝は早く起きて日中は体を動かし、夜

は早めにぐっすり眠る生活を。

 













1万袋突破の身長サプリメントはドクター・セノビル
詳細はこちら




 

 アルギニン(L-アルギニン)の効果が凄い

 

 alginin.jpg

 

アルギニンはスーパーアミノ酸と言われるほど、その素晴らし

い効果が科学的に証明されています。

 

驚くことに アルギニンは、摂取するだけで成長ホルモンの分

泌を促してくれることが分かっています。

 

 

アルギニンの効果

 

アルギニンの効果は、特に次の3つの効果があります。

 

筋肉を増強し、骨の強化をはかる

 

疲労回復を早め、ケガからの回復が早い

 

生殖機能の改善、勃起力の改善

 

その他の効果として特筆すべきは、血液の循環を良くしたり、

免疫機能の向上などもあります。

 

 

 

そもそも、アルギニンとはなにか?

 

アルギニンは、天然に存在するアミノ酸の一種で、体内で生成

もされるため非必須アミノ酸に分類されます。

 

しかし、アルギニンを十分に摂取すると人間が若い時の状態

非常に近づき、健康面においても非常に効果的であるという研

究結果が多数あるのです。

 

 

アルギニンとL-アルギニンの違いは?

 

アミノ酸には「D型」と「L型」の2種類が発見されています。

 

L型は「天然型」で自然界に存在するものです。

 

アルギニンサプリに「L-アルギニン」と書かれていれば、天然

型のアルギニンが使われているそうです。

 

アルギニンの血流改善と、疲労物質の除去!

 

アルギニンは、代謝の過程で一酸化窒素(NO)が生産されます。

 

一酸化窒素には血管を拡げる作用があり、この効果で血流の改

善がみられます。

 

また、このアルギニンの代謝の過程で体内のアンモニアを取り

除き、乳酸を代謝させる働きが行われます。このことから

 

スポーツ時のパフォーマンス向上や、疲労状態からの早期回復

がみられることになります。

 

摂取するだけで、成長ホルモンの分泌を促進します!

 

アルギニンは、脳下垂体に作用し成長ホルモンの分泌を促進し

てくれます。

 

成長ホルモンは、体内のタンパク質合成を促し、筋肉や骨の増

強、疲労回復、怪我などの回復に役立ちます。

 

 

ホルモンを補うために、外部から注射などで直接入れるという考えもあります。

 

しかし、ホルモン剤の投与は体内でホルモンを作り出す器官が

衰退してしまうという問題点があります。

 

一方で、アルギニンを摂取して成長ホルモンの分泌を促すこと

は、安全でなおかつ、良好な結果が出るという多数の報告があ

ります。

 

 

背が伸びるしくみは?

 

背が伸びるのは、骨が成長するからです。ひとの体には約200

個の骨がありますが、なかでもあしの骨と背骨は身長の発育に

最も関係しています。

 

細長い形をした骨の両端には、骨端線(こったんせん)とよば

れる細胞が活発に増えている部分があり、この部分から骨が伸

びていきます。

 

また、骨は思春期を経て骨端線で細胞が増えるのが止まるまで

成長し続けます。

 

こどもの成長には、時期によって特定のパターンが見られます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの身長は約50cm。一生のうちに最も

身長が伸びるのが乳児期で、4歳には約100cmと生まれた時の2

倍の身長になり、小児期には1年間に約5~6cm程度伸びます。

 

思春期が近づくにつれて伸び方がわずかに低下します。思春期

に入ると身長がぐんと伸びる成長に加速度がつくのが見られま

す。

 

 

 

成長に影響を与えるもの

 

こどもの成長は、体内で分泌されるホルモン、両親の体格やこ

ども自身の体質、栄養、生活環境、運動など、さまざまな影響

を受けます。また、思春期を迎える時期によっても、最終的な

身長は変わります。

 

 

こどもの成長には、主に成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホ

ルモンの3つのホルモンが関係しています。これらのホルモン

がバランスよく働くことで、成長していきます。

 

 

成長ホルモン

 

脳の下垂体から分泌され肝臓や骨などにはたらきかけて、IGF-

I (ソマトメジンC)という物質の分泌を促します。この物質

は、成長ホルモンとともに骨の成長を促します。また、筋肉を

作るなど、身長の伸びだけではなく、体格を形作る役割をはた

しています。

 

甲状腺ホルモン

 

 甲状腺から分泌されます。成長ホルモンとともに骨の成長と

成熟を促すのに加え、脳の発達や、内臓を動かすのに必要なエ

ネルギーを作るのにも大きく関わり、体の中のさまざまな働き

に関係するホルモンです。

 

性ホルモン

男の子は精巣、女の子は卵巣から分泌されます。成長ホルモン

の分泌を増加させたり、直接骨に対してはたらきかけたりして、

骨の成長を促します。 












1万袋突破の身長サプリメントはドクター・セノビル
詳細はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
アルギニン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。