So-net無料ブログ作成
検索選択

動脈硬化の原因 食事療法で改善できるのか リン脂質  [動脈硬化]












動脈硬化、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝機能低下にお試し♪

 

 

 


動脈硬化の原因は、ひとつには肝臓にあります。ほかにはスト
レスや老化により、脂肪肝になることにより、体のなかに脂肪
が増えることも。アルコールの摂り過ぎも脂肪肝になります。

動脈硬化の原因には不摂生な食生活、不十分な睡眠など適切で
ない生活習慣もあげられるようです。

動脈硬化の改善が食事でできると考えられているのは、あるい
は動脈硬化の改善のための食事法があるとされているのは、余
分な脂肪やコレステロールが動脈硬化の原因と考えられている
からでしょう。

余分なコレステロールが血中に浮遊するようになるのは、リン
脂質が不足して、エステル型コレステロールが減り、浮遊型コ
レステロールが増えるからなのです。

エステル型コレステロールと浮遊型コレステロールのバランス
が崩れ、血中に余分な浮遊型のコレステロールが増えることで
動脈硬化がすすんでいくとも言えるようです。ですから

食事療法で余分なコレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐに
は、リン脂質をたくさん摂ることです。腸からの脂肪あるいは
コレステロールの吸収を抑えるような食事、例えば脂肪を制限
するサプリとか脂肪が多い食材を減らすことなどは


あまり効果がありません。というのは腸から吸収する10倍の脂
肪が肝臓で作られているからです。ですから糖質などを極端に
制限するケトン体ダイエットなどの食事療法でないと体のなかの

脂肪あるいはコレステロールは減らないと思われます。脂肪肝
などになると、体のなかで、つまり肝臓で作られる脂肪が増加
します。それで、太ってくるのです。更年期障害のある女性の
方も

ホルモンバランスの崩れなどによりやはり肝臓で作られる脂肪の量が増
加します。リン脂質は脂肪を溶かしますから、脂肪肝をよくす
るにもリン脂質を摂ることが必要になります。



リン脂質は脂肪代謝、リポタンパク代謝を正常にするので、肝
臓をきれいにする 血液・血管をきれいにする上で非常に大切
なものです。

リン脂質の構成物質は?

大豆リン脂質は、別名複合リン脂質ともいい、

ホスファチジルセリン
ホスファチジルコリン
ホスファチジルイノシトール

ホスファチジルエタノールアミン

など複数のリン脂質で構成されています。





肝臓内での複合リン脂質不足は、肝臓の内部で行われている炭
水化物を脂肪へ転換生成する時間を著しく早めてしまい、その
結果、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝という非常に危険な状態が始
まり、同時にコレステロールも多くなってきます。


繰り返しますが、脂肪肝というのは、体の危険な状態の始まり
なのです。正常な状態での肝臓内の脂肪濃度は5%です。しかし
複合リン脂質が不足すると代謝異常のために、

20%から40%にもなることがあるのです。
 
 
 
 








 












 

 










中高年男性のスッキリを応援!ノコギリヤシサプリ

 

 








 







 

 

 







カロリーも脂肪も糖質も炭水化物も、み~んなカット!

ウォルデンファームス











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アルツハイマー病が劇的に改善 メアリー博士 ココナツオイルで [アルツハイマー]


アルツハイマー病の原因と考えられるアミロイドβが、健康な
高齢者の脳にも加齢と共に蓄積することがわかってきたといいます。

実は、アミロイドβそのものに害はなく、2つ以上結合すると
神経細胞に毒としての作用を及ぼすことがわかっているという
ことです。

結合したアミロイドβが神経細胞の周りに集まると、その毒性
によって細胞内のタンパク質タウがはがれ、凝集を始めます。
それから、

神経細胞は死んでしまい、アルツハイマー病の発症につながる
と考えられています。アミロイドβの生成、結合、そして神経
細胞内でのタウの凝縮、こうした一連の進行がアルツハイマー
病を引き起こすと考えられているようです。





脂肪はとりすぎれば脂肪として蓄えられたり、体内において酸
化し過酸化脂質として体内で動脈硬化、高脂血症、高血圧など
を誘因となります。

一方で、脳の発達に関与したり、エネルギー源としてや成長に
関与する必須の栄養素です。また脂肪は健康的な皮膚や髪の毛
を作るのに必要なビタミンA,D,E,Kや血圧などの正常化、
あるいは、体の諸機能の維持に関与する必須脂肪酸も含みます。




飽和脂肪酸は

おもに肉類や乳製品など動物性脂肪に含まれる脂肪で、植物性
脂肪ではココナッツオイルやパーム油に含まれています。

 飽和脂肪酸はLDLの増加、乳がん、大腸がん、肺がん、前立
腺がん、子宮がんを作り出す原因を高めると言われています。
ステロイドの生成に必要であるが大量に摂取することはあまり
よくないこととされています。

ところで、中鎖脂肪酸を含んでいるココナツオイルはアルツハ
イマー病の改善に効果があることから注目されています。

中鎖脂肪酸は今、新たな分野でも活用され始めています。生活
習慣病予防・体脂肪低減や低栄養改善などの目的、さらにス
ポーツなどの分野においても、中鎖脂肪酸の利用が進んでいる
のです! 

最近では脳の栄養不足を改善する可能性など、いろんな領域で
の利用が期待されています。

ココナッツオイルは、一般的な植物油と違う特長を持っています。
酸化に対して安定的な中鎖脂肪酸が多く、他の植物油と比べて
酸化されにくい油です。



メアリー・T・ニューポート博士のアルツハイマー病の改善に
関するレポートは
『アルツハイマー病が劇的に改善した!』という著書にも記載
されました。


*************

対応策が限られた中、偶然見つけたのが、あるプレスリリース
で、その内容では、これまでの治験でアルツハイマー病患者の
約半数が改善したということで、その主な有効成分が「中鎖脂
肪酸」だったのです。


そこで、薬物治療を続けながら、中鎖脂肪酸を含む油であるコ
コナッツオイルを、毎日少なくとも大さじ2杯半、夫のステ
ィーブに食べさせることにしました。

摂取をはじめると、目に見える変化がすぐに表れてきました。
スティーブの手やあごの震えはなくなり、顔には生気が表れ、
ユーモアのセンスが戻り、会話が弾むような変化が見られたの
です。


 2008年に執筆したレポートが新聞で紹介され、それが、イン
ターネットで世界中に情報が広がり、同じ悩みを持つ多くの人
たちが食事に中鎖脂肪酸を取り入れました。


そして、その方々から報告の手紙をいただきました。それをま
とめた結果、91%が症状の改善を感じ、59%が認知や記憶、42%
が行動面、35%が言語能力の改善を感じたとのことでした。


この結果が全ての方に当てはまるとは断言できませんが、経験
のレベルで中鎖脂肪酸摂取による改善を実感している人は、決
して少なくないことがわかります。


そして、メアリー・T・ニューポート博士は次のように言って
います。

中鎖脂肪酸は母乳や食品に含まれる天然成分として長い間食べ
られてきました。中鎖脂肪酸を含む食品を習慣的に日頃の食生
活に取り入れ、脳のエネルギー不足を補うことで、アルツハイ
マー病の予防に役立つのではないかと思います。

***************************
 
 
 
 










今までにない酵素ドリンク!伝統酵素にノニ酵素をプラス『ノニプラス酵素』

 

 





【ハープシールオイル】オメガ3系必須脂肪酸DPA・EPA・DHA







 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

EPA,DHAが脳梗塞の予防や改善に必要な理由とは リン脂質で [DHAとEPA]


まだまだ働き盛り!遊び盛りな男性に♪










【マカ&クラチャイダム12000】

 

 

 

中性脂肪を減らすのは 中性脂肪を下げる キーはリン脂質


リン脂質はコレステロールや中性脂肪などが気になる方におス
スメです。なかでも大豆リン脂質は複合リン脂質ともいい、コ
レステロールを血中で溶かす力が強いのです。

 リン脂質は肝臓の機能を健康に保っています。肝臓の機能が
低下すると、いろいろな障害が出てきます。まず、脂肪代謝、
リポタンパク代謝の低下、解毒作用の低下が始まります。

脂肪代謝が低下すると体全体に中性脂肪が貯まるので肥満、高
血圧、糖尿病などの下地ができてしまいます。つまり、肝臓機
能の低下と脂肪代謝、リポタンパク代謝の異常は同じ原因から
なのです。

ですから、中高年の健康の第一は、細胞や組織のなかに余分な
脂肪すなわち余分なコレステロールや中性脂肪をためないこと
です。そこで、リン脂質(レシチン)が重要な役割をしています。

リン脂質は脂肪代謝、リポタンパク代謝を正常にするので、肝
臓をきれいにし、血液・血管をきれいにする上で大切なもので
す。リン脂質を常に補給しておくことが、あなたが生活習慣病
から身を守る第一条件ともいえます。


リン脂質の効果の一例には「性欲がない」「インポテンツ」
「勃起不全」の解消にも効果があることです。リン脂質のなか
大豆油が入っていると十二指腸で胆汁酸やリパーゼなどの作
用でスムーズに消化吸収される状態になります。

なので、大豆リン脂質である複合リン脂質をとることがリン脂
質を摂るには効率的です。近年50,60代で亡くなられる方が増
えていて、その原因が脳卒中という事例が多くなっています。


 
 
 
 
脳梗塞の予防に必要なものは 原因を取り除くDHA,EPA


例えば、脳卒中のなかの脳梗塞は血液中のコレステロールのか
たまりや血小板のかたまりで細い脳血管が詰まってしまうこと
ですが、このうちコレステロールなどの脂質のかたまりは、

リン脂質で溶かせます。しかし、血小板のかたまりを溶かすこ
とはリン脂質にはできないのです。その血小板のかたまりを溶
かす働きをもっているのが、

EPAやDHAです。またEPAやDHAには、血栓そのものを作らないよ
うにする゛血栓防止作用゛もあるのです。この重要な働きのた
めにも、

EPAやDHA

は飲用する価値があるでしょう。その他、脳の働きをよくする
ことなどがありますが、それについてはリン脂質の方が数段す
ぐれています。脳血栓の原因となる血小板のかたまりを溶かす
作用の強いEPA,DHAをリン脂質(レシチン)とともに飲用するこ
とが

中高年の方にはもっとも効果的な長寿食品になります。
それに若返りビタミンといわれるビタミンEをとるといいでし
ょうね。


EPAやDHAの効果はたけしの健康エンタメント家庭の医学などで、
放送されました。ご存知のかたも多いかもしれませんが多く含
む食品をあげてみます。

DHAは食品として多く摂れば、それだけ脳のDHAも増えることが
わかっているといいます。


DHAは、まぐろ、かつお、あじ、さば、いわし、ぶりなど背中
が青みがかった魚に多く含まれています。

青魚などDHAを多く含んだ食事もいいですが、苦手な方で


食品でDHA・EPAを摂りたいという方には、αリノレン酸がオス
スメです。

αリノレン酸を多く含む食品として、えごま・亜麻仁(アマ
ニ)・くるみ・チアシードが挙げられます。

ただしαリノレン酸を摂れば、コレステロール量が下がるとい
うようなことはありません。相対的に中性脂肪を減らす、ある
いは下げるにはリン脂質を摂ることです。

EPAやDHAには、血液中の脂質濃度を下げる働きがあることから、
動脈硬化を抑制する作用や血栓症を予防する作用があることは
間違いないでしょうね。
 
 
 
 
 





ユンケルでおなじみの佐藤製薬がお届けする健康食品「美健知箋」

美健知箋に話題のEPA&DHAが新登場!含有量は業界で注目されるほど!

今なら定期初月は特別価格1,000円キャンペーン実施中!



美健知箋EPA&DHA







 

 




DHA・EPAを1日目安量4粒に403mgしっかり配合!初回半額1,080円(税込)【DHA&EPA+サチャインチ】













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。