So-net無料ブログ作成
検索選択

動脈硬化の原因 食事療法で改善できるのか リン脂質  [動脈硬化]












動脈硬化、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝機能低下にお試し♪

 

 

 


動脈硬化の原因は、ひとつには肝臓にあります。ほかにはスト
レスや老化により、脂肪肝になることにより、体のなかに脂肪
が増えることも。アルコールの摂り過ぎも脂肪肝になります。

動脈硬化の原因には不摂生な食生活、不十分な睡眠など適切で
ない生活習慣もあげられるようです。

動脈硬化の改善が食事でできると考えられているのは、あるい
は動脈硬化の改善のための食事法があるとされているのは、余
分な脂肪やコレステロールが動脈硬化の原因と考えられている
からでしょう。

余分なコレステロールが血中に浮遊するようになるのは、リン
脂質が不足して、エステル型コレステロールが減り、浮遊型コ
レステロールが増えるからなのです。

エステル型コレステロールと浮遊型コレステロールのバランス
が崩れ、血中に余分な浮遊型のコレステロールが増えることで
動脈硬化がすすんでいくとも言えるようです。ですから

食事療法で余分なコレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐに
は、リン脂質をたくさん摂ることです。腸からの脂肪あるいは
コレステロールの吸収を抑えるような食事、例えば脂肪を制限
するサプリとか脂肪が多い食材を減らすことなどは


あまり効果がありません。というのは腸から吸収する10倍の脂
肪が肝臓で作られているからです。ですから糖質などを極端に
制限するケトン体ダイエットなどの食事療法でないと体のなかの

脂肪あるいはコレステロールは減らないと思われます。脂肪肝
などになると、体のなかで、つまり肝臓で作られる脂肪が増加
します。それで、太ってくるのです。更年期障害のある女性の
方も

ホルモンバランスの崩れなどによりやはり肝臓で作られる脂肪の量が増
加します。リン脂質は脂肪を溶かしますから、脂肪肝をよくす
るにもリン脂質を摂ることが必要になります。



リン脂質は脂肪代謝、リポタンパク代謝を正常にするので、肝
臓をきれいにする 血液・血管をきれいにする上で非常に大切
なものです。

リン脂質の構成物質は?

大豆リン脂質は、別名複合リン脂質ともいい、

ホスファチジルセリン
ホスファチジルコリン
ホスファチジルイノシトール

ホスファチジルエタノールアミン

など複数のリン脂質で構成されています。





肝臓内での複合リン脂質不足は、肝臓の内部で行われている炭
水化物を脂肪へ転換生成する時間を著しく早めてしまい、その
結果、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝という非常に危険な状態が始
まり、同時にコレステロールも多くなってきます。


繰り返しますが、脂肪肝というのは、体の危険な状態の始まり
なのです。正常な状態での肝臓内の脂肪濃度は5%です。しかし
複合リン脂質が不足すると代謝異常のために、

20%から40%にもなることがあるのです。
 
 
 
 








 












 

 










中高年男性のスッキリを応援!ノコギリヤシサプリ

 

 








 







 

 

 







カロリーも脂肪も糖質も炭水化物も、み~んなカット!

ウォルデンファームス











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。