So-net無料ブログ作成

デトックスと毒素などを摂らないこと 油脂はコレステロール・・ [健康な体]


【ピーチアップ】


 

デトックスは毒素を体から排出することですから、デトックス
しなければならないものは、カドミウムCd,水銀などの重金属
のほかいろいろあります。で、デトックスも大事ですが、

食品に対する知識を深めて、これらの毒素を摂らないようにす
ることも必要なんじゃなかろうかと思うわけです。摂らないよ
うに注意するべきものは、重金属などの毒素だけでなく、

不必要な脂質つまり油です。リノール酸を多く含む油は、かつ
コレステロール値を下げるので積極的にとろうと言われたこ
とがありました。最近では、リノール酸は、長期間多くとると、

心臓・脳血管系の病気やがん、アレルギー性疾患などの原因に
なるという報告もあるそうです。

 だからリノール酸も摂り過ぎはよくないのです。リノール酸
は植物油以外にも、種実類、菓子類、魚、肉など、いろいろな
食品に含まれているので、通常の食事をしていて不足すること
はないのです。

つまり、リノール酸はもう十分にとれているのです。 ほかに、
とり過ぎに注意したいのは、肉や乳製品に多く含まれる飽和脂
肪酸です。飽和脂肪酸をとりすぎると体内でのコレステロール

の合成が進みます。特に、LDL(悪玉)コレステロールの量が
増えるといいます。

 飽和脂肪酸をとりすぎると、血液の粘り気が増し、生活習慣
病のリスクを高めると言われています。


ここで注意したいのは、リノール酸は不飽和脂肪酸で、オメガ
6(n-6系)脂肪酸に分類されますが、リノール酸、アラキドン酸、
α(アルファ)リノレン酸などの不飽和脂肪酸は、体内で必要量を合成でき

ないため、食品からとり入れる必要があります。




 リノール酸を多く含む油とは、紅花(サフラワー)油、ひま
わり油、コーン油、大豆油などです。



 とりすぎに注意したい脂肪酸のうち、ある意味特殊なのがト
ランス脂肪酸です。自然界にも存在するが、主に、以下3つの
場合に生じるといわれています。

植物油を固形にするときに生じる(マーガリンやショートニングなど)。
植物油を精製する際、脱臭の過程で生じる(精製植物油など)。
油を高温で加熱する調理のときに生じる(揚げ物など)。


 トランス脂肪酸を多くとると心臓病のリスクが高くなるとい
われています。

 日本人として特に注意したいのは、ファストフードの揚げ物、
菓子類、インスタント食品、買ってきた弁当などばかり食べて
いる人ですね。

 ファストフートなどではショートニングを使ってフライドポ
テトやドーナッツが揚げられていることが多いようです。


 中鎖脂肪酸とは脂肪酸の種類ではありません。脂肪酸を構成
する炭素数の多少によって「短鎖脂肪酸(炭素数4~7)」「中
鎖脂肪酸(炭素数8~12程度)」「長鎖脂肪酸(炭素数12程度
~)」と分類して、使われています。

 植物油のほとんどが長鎖脂肪酸ですが、「ココナッツ油や
パーム油など一部の油には中鎖脂肪酸が含まれます。

中鎖脂肪酸は消化・吸収の過程で、吸収が早く、肝臓で素早く
分解されてエネルギーとして利用されます。そのため、体内に
蓄積されにくく、食後の血中中性脂肪が増加しにくい傾向にあ

ります。肥満の人や、体脂肪が気になる人におススメです。

 オメガ3(n-3系)脂肪酸

青魚に多く含まれるオメガ3のEPA、DHAはコレステロール値の
低下、血流の改善など生活習慣病の予防に効果があるといいます。


また、「えごま油」、「亜麻仁油」に多く含まれているα(アルファ)-リ
ノレン酸のごく一部(数%)はEPA、DHAへと変換されるそうです。



オメガ3は、オメガ6とは全く正反対の働きを持っており、例え
ば、オメガ3は細胞膜を柔らかくするのに対し、オメガ6は硬く
するそうです。

オメガ3、オメガ6と、両方をバランスよく摂ることが大切にな
ってきます。

 オメガ3は非常に酸化しやすいので、高温加熱せず、直射日光
に注意して保存し、新鮮なうちにつまり酸化されないうちに摂
りましょう。




米油にはオレイン酸(オメガ9)とリノール酸(オメガ6)が
バランス良く含まれています。「スーパービタミンE(トコト
リエノール)」という非常に強い抗酸化力を持った栄養素や、

γ(ガンマ)-オリザノールというポリフェノールの一種も含ま
れています。

なので、コレステロールの低減、更年期症状の緩和、認知症の
予防などの効果も期待できるそうです。

こめ油は、上記のような効果があるばかりでなく、
クセがなく、揚げ物もカラっと揚がり胃もたれもしにくいので、
現在テレビなどでも話題になっています。


 






【ピーチアップ】












肝心な働きが気になる方に【サラシアプラス】





 


 





DHAサプリメント「きなり」








 























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。